静脈内鎮静法

静脈内鎮静法による恐怖感のない手術について

手術室は患者様が不安感を軽減する配慮や手術器具を目にする機会がないように配慮した設計となっておりますのでご安心して手術を受けていただけます。
また、手術に対する恐怖感、不安感を軽減するため、麻酔専門医による快適な手術を行っております。

静脈内鎮静法

筒井歯科では、歯科手術に際して静脈内鎮静法を併用し、患者様により安全で快適な環境を提供いたします。(医科領域では、胃カメラ撮影時や集中治療室などでも多用されている安全な方法です。)

静脈内鎮静法とは、麻酔法の一つで、静脈注射(点滴)により鎮静剤(ミダゾラム)を緩除に投与していきます。次第に眠くなり、うつらうつらした状態がしばらく続き、体をリラックス状態に保ちます。全身麻酔ではないので、治療中は完全に意識がなくなるわけではありませんが、痛みや恐怖感、不安感を全く感じずに手術を受けることができますので、心身のストレスが最小限ですみます。術中は歯科麻酔専門医が付き添い、血圧計、心電図などのモニターを見ながら、手術開始から終了まで責任を持って患者様のお体のマネージメントをいたします。

局所麻酔方式

意識はハッキリしています。手術中の音や振動などが全て分かってしまい緊張や不安が高まってしまいます。緊張や不安は心身に大きなストレスをもたらし、場合によっては予期せぬ偶発症をも引き起こしかねません。



インプラントセルフチェック


お問い合わせはこちら



〒541-0042 大阪市中央区今橋1-8-14 北浜山口ビル3階 TEL:06-6208-1820
医療法人 悠生会 淀屋橋・北浜のインプラント歯科 筒井歯科


© 2017 TSUTSUI-GROUP.JP All RIGHTS RESERVED.
本ホームページ内記載のすべての文書、画像ンテンツの無断使用、転用を禁止します。