歯の根管治療と歯の神経の関係

根管治療とは、歯の中の神経を取りその穴を封鎖する治療方法となります。

根管治療の進め方

● 虫歯が神経まで進行している状態です。
● 虫歯を取り除きます。
● 歯の神経を取り除く処置を数回にわたって行い、痛みの原因を取り除きます。
(根の中に消毒の薬を入れます。)
● 神経をすべて取り除いた後、根充材(根の中を埋める薬)で根の中を封鎖します。
● 歯の強度を保つために土台を作ります。
土台には以下の2種類があります。
種類 メタルコア ファイバーコア
材料 金属製
(銀合金)
グラスファイバー製
表面 メタルコア ファイバーコア
特徴
  • 歯質と同様のしなりがない。
  • 残りの歯が薄いと歯根破折(歯の根が折れてしまう事)の可能性がある。
  • 金属が溶け出して歯肉の境目が黒ずむことがある。
  • 金属アレルギーの方には向かない。
  • グラスファイバーの弾性により、歯質と同様のしなりがあり歯への負担が大幅に軽減される。
  • 金属アレルギーの方でも大丈夫
  • 歯根破折を防止する働きがある。
審美性 ×
耐久性
費用 保険適用 保険適用外
¥19,000 〜 ¥28,000(+税)
(歯の状態により異なります。)
● かぶせものをセットして治療終了になります。
保険適用であれば、銀色の被せものになります。白い歯をご希望の方は自費治療となります。



お問い合わせはこちら



〒541-0042 大阪市中央区今橋1-8-14 北浜山口ビル3階 TEL:06-6208-1820
医療法人 悠生会 淀屋橋・北浜のインプラント歯科 筒井歯科


© 2017 TSUTSUI-GROUP.JP All RIGHTS RESERVED.
本ホームページ内記載のすべての文書、画像ンテンツの無断使用、転用を禁止します。