Temporo Mandibular disorders
顎関節症治療

検査や痛みの少ない独自の治療法

・長期間の顎の痛みや、開口障害
・顎の雑音が治らない
・原因がどこにあるのかもわからない
多くの検査・治療を受けられたにも関わらず、これらの症状を抱えて悩んでいませんか?
筒井歯科では”検査や痛みの少ない” ”独自の治療法”でお悩みの症状を改善します。

顎関節症は顎の骨の病気だと思っていませんか?実は筋肉の問題だったのです。

顎関節症とは?

顎関節症は、噛み合わせ、顎関節と中枢神経系との3つのバランスが崩れ、その結果、咀嚼筋《そしゃくきん》(特に外側翼突筋《がいそくよくとつきん》)と呼ばれる下顎を動かす最も重要な筋肉に障害が起こる病気です(右写真)。

その外側翼突筋に「こむら返り」に似た症状(不随意的な筋収縮=自分の意思に関係なく筋肉が収縮し続ける状態)がおこり、「口が開けづらい」「関節が痛い」「口を開けると音が鳴る」などの症状がおこります。
顎関節症を放置したままにすると、肩こり、頭痛、めまいなどの全身へ影響がでてきます。症状が続くと自律神経系に障害がおこるようにもなります。

筒井歯科の顎関節症の治療の目的は、かみ合わせ、顎関節と中枢神経系との不調和の悪循環を断ち切ることに有り、その最も効果的な方法が外側翼突筋の障害(不随意的な筋収縮)を麻酔によって緩和することにあります。
▲赤丸で囲ったオレンジの筋肉が外側翼突筋《がいそくよつとつきん》です。
北浜駅から徒歩1分。

医療法人悠生会
筒井歯科

〒541-0042
大阪府大阪市中央区今橋1-8-14
北浜山口ビル3階
診察時間
診察時間 日・祝
  9:30~14:00
15:00~19:00
△:土曜日午後の診療は15:00-18:00