Temporo Mandibular disorders
顎関節症治療

顎関節症の独自の治療法(自由診療)

顎関節症の代表的な症状は、
・顎が痛い
・口が開かない
・顎で雑音がする
の3つです。


顎関節症は自然に症状が治まっていくこともありますが、慢性化し、 いくつも歯科医院を回っても治らず、何十年も悩み続けておられる方もいらっしゃいます。
また顎関節症を放置したままにすると、肩こり、頭痛、めまいなどの全身へ影響がでてきます。症状が続くと自律神経系に障害が起こるようにもなります。

一般的な歯科医院のマウスピースを用いた顎関節症の治療で治らない場合は、顎関節症の本質的な原因にアプローチされていない可能性があります。
筒井歯科では、顎関節症は咀嚼筋の問題が原因の本質であると考え、根本的な解決を目標にトータルな治療を行います。(自由診療です。)

原因は関節円板のずれ?

病気を治すためには、その原因を的確に知ることが重要です。
顎関節症の原因は、一般的に「顎関節内部の関節円板」のズレに関わると言われています。
そして顎関節症の治療法として、スプリント療法(マウスピース療法)によって、発生していた顎関節への負担を軽減しようとする治療が行われていますが、一般的なスプリント療法(マウスピース療法)では、治らないことが多いのが現状です。

なぜ、この治療法で治らない人がいるのでしょうか?
顎関節症 関節円板 原因

原因は咀嚼する筋肉の問題

筒井歯科では、顎関節症の本質的な原因は、
咀嚼筋《そしゃくきん》(特に外側翼突筋《がいそくよくとつきん》)と呼ばれる下顎を動かす最も重要な筋肉に障害が起こる病気だと考えています(写真参照)。


外側翼突筋は、関節円板につながっている筋肉です。
その外側翼突筋に「こむら返り」に似た症状(不随意的な筋収縮=自分の意思に関係なく筋肉が収縮し続ける状態)がおこり、「口が開けづらい」「関節が痛い」「口を開けると音が鳴る」などの症状が起こると考えています。
この筋肉の障害(こむら返り)が持続し、悪循環が形成されるため症状が長期間続くことがあります。

したがって、大阪・北浜の筒井歯科では顎関節症の本質を「顎の筋肉の緊張」と捉えた治療を行っています。
顎関節症 原因 外側翼突筋
▲赤丸で囲ったオレンジの筋肉が外側翼突筋《がいそくよつとつきん》です。

顎関節症の悪循環を断ち切る必要があります

顎関節症の直接の原因が顎の筋肉の緊張だとして、その筋肉の緊張を引き起こす原因を解決しないと、顎関節症は良くなりません。

「顎の筋肉の緊張」と大きく関係しているのが、「自律神経」です。
「自律神経」は緊張(交感神経)とリラックス(副交感神経)のバランスを調整する役割を担っていますが、ストレスだったり、歯ぎしりや食いしばりの刺激でバランスが崩れ、緊張が優位な状態がつづく、「過緊張」という状態に陥ることがあります。

顎の筋肉は、「自律神経」と強く関わっています。例えば、「スポーツをするときに、しっかり食いしばると力がでる(交感神経優位)」や、「あくびをするとリラックスした気持ちになる(副交感神経優位)」など、経験されたことはないでしょうか?
実は顎の筋肉は全身の中でも特殊で、通常、筋肉は脳との繋がりの間に「神経節」と呼ばれる刺激を調整する器官を持ちますが、顎の筋肉は脳と直接つながっているのです。

だからこそ、顎関節症になると、
図のように、悪循環が生まれてしまいます。

この悪循環を断ち切り、顎の筋肉の緊張を解消し、顎関節症を寛解に導くための治療法が、「筒井療法」です。 大阪で顎関節症に本当に困っているかたは、大阪・北浜の筒井歯科に一度ご相談下さい。

→筒井歯科の顎関節治療を詳しく
顎関節症の病態の悪循環 顎関節症の悪循環の遮断
北浜駅から徒歩10秒。

医療法人悠生会
筒井歯科

〒541-0042
大阪府大阪市中央区今橋1-8-14
北浜山口ビル3階
大阪メトロ・京阪「北浜駅」3番出口徒歩10秒
大阪メトロ「淀屋橋駅」徒歩8分
大阪梅田各線から10分
診察時間
診察時間 日・祝
  9:30~14:00
15:00~19:00
△:土曜日午後の診療は15:00-18:00
大阪・北浜・淀屋橋のインプラント総合歯科医院:痛くない歯医者さん
© 2017 TSUTSUI-GROUP.JP All RIGHTS RESERVED.
お電話でのご予約・お問い合わせはこちら
Webでお問い合せ 24時間