入れ歯・ブリッジの利点・欠点

入れ歯

入れ歯

クラスブと呼ばれるバネで支えたり、金具を健康な歯に引っ掛けて固定 します。

利点
  • ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効です。
  • 健全な歯を削らずに補うことができます。(削る代わりにバネで固定する場合もあります。)
  • 取り外しができるので手入れが簡単です。
  • 保険が適応されます。(保険外の場合もあります。)
欠点
  • バネによる隣の歯への負担が大きくなります。
  • 咬む力が健康な状態に比べて30%〜40%くらいになります。
  • 取り外して手入れをする必要があります。
  • 口の中で動きやすく、痛みが伴うことがあります。
  • 食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすいです。
  • 発音しにくい場合があります。
  • 違和感があります。
  • 審美性に欠けます。

費用

使用する材料により、保険適用のものと適用外のものがあり、費用は異なります。
保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。



ブリッジ

ブリッジ

健康な歯を支柱にして、歯のない部分にブリッジをかけて固定します。
部分入れ歯に比べれば安定していて、咬む力も回復します。

利点
  • 固定式なので違和感は少ないです。
  • 保険が適用されます。
    (保険外で人工の歯の素材を選択することにより、天然の歯に近い審美的な修復も可能です。)
欠点
  • ブリッジを固定する為に両隣の歯を削る必要があります。
  • 支えとなる歯には大きく負担がかかります。
  • 歯肉との間に食べ物カスがつまりやすく、口の中が不衛生になりやすいです。
  • 空気がもれて発音しにくい場合があります。
  • 削った歯に痛みが出れば、神経を取る処置をする場合もあります。
  • 保険のかぶせ物は素材にプラスチックが使われているので、使っている間 に変色して擦り減ってきてしまいます。

費用

保険治療と自費治療とでは、使用する素材が異なります。
自費のかぶせ物はセラミックを使用しているので、変色はせず審美的に優 れていますが、費用がかかります。



インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い


インプラント ブリッジ 入れ歯
安定性 ・安定性がある
・半永久的に使用可能
安定性はあるが限界がある(7〜8年) 調整や作り変えの必要がある
違和感 違和感なし ほぼ違和感なし × 違和感・異物感があり
咬合力 天然歯と同様に咬める ほぼ天然歯と同様に咬めるが、過度な負担は加えられない × ・咬む力は劣る
・過度の負担を加えると隣接する歯への負担が大きく痛みを伴う
審美性 優れている 優れている × 劣る
歯への
影響
全くない × 隣接する健康な歯を削る必要がある × 歯を削る事はないが、バネをかけている歯などへの負担が大きい
治療本数 多くても可能 × 欠損数が多いと不可能 多くても可能
手術 × 外科手術が必要 必要なし 必要なし
治療期間 × 2ヶ月〜1年期間必要 比較的短時間 比較的短時間
経済性 × 保険適用外 保険適用可能
欠損数によっては不可
保険適用可能


インプラントセルフチェック


お問い合わせはこちら



〒541-0042 大阪市中央区今橋1-8-14 北浜山口ビル3階 TEL:06-6208-1820
医療法人 悠生会 淀屋橋・北浜のインプラント歯科 筒井歯科


© 2017 TSUTSUI-GROUP.JP All RIGHTS RESERVED.
本ホームページ内記載のすべての文書、画像ンテンツの無断使用、転用を禁止します。