虫歯治療

痛くない怖くない治療を目指しています

歯科治療は痛いから怖くて歯科医院が苦手という患者様がたくさんおられます。
そんなイメージをお持ちの方が快適に通院していただくように、筒井歯科では、「痛みを少なくする治療」「怖くない治療」を心がけています

痛くない治療にこだわります

筒井歯科の虫歯治療

筒井歯科の安心

  • 丁寧な検査・カウンセリング
  • 痛みや不安に配慮した丁寧な治療
  • 技術に裏付けされた歯を残すための治療
  • 削る量は最小限にしています
  • 二次虫歯に(再度虫歯に)ならないようにします

当院は、完全個室のくつろげる空間で落ち着いてお話しをさせていただきます。
まずしっかりと患者様の症状やお悩みをお聞きしカウンセリングを行います。
「怖い・痛い」など歯科医院への不安がある方は、ご相談ください。特に配慮して治療させていただきます。

虫歯治療について

こんな症状ありませんか?

  • 温かいもの、冷たいものがしみる
  • 噛むと歯が痛い
  • 常に歯がズキズキ痛む
  • 歯の表面が白っぽくなってきた

虫歯治療

虫歯とは、虫歯菌が作り出す酸が原因で歯が溶けてしまう病気です。虫歯が進行すると、どんどん歯が溶けていき、次第に痛みを伴うようになります。

虫歯はどんな方でも身近に潜んでいる病気で、ほとんどの人の口腔内に虫歯菌が潜んでいます。
虫歯の進行が始まると歯の表面が白っぽくなり、その後虫歯はだんだん黒くなっていきます。
痛みが発生した場合はたいてい虫歯が進行しているケースが大半です。 その後虫歯はどんどん進行していき歯の組織を破壊していき歯が溶けていきます。 進行が進みすぎると、神経まで虫歯が到達、最悪には抜歯になります。もちろん永久歯であれば歯は残りません。

永久歯は一生ものです。虫歯で抜歯をしてしまわないように、自宅でのケアと、歯科医院のプロによるケアの両方が大切です。
痛みを伴っている場合は、できるだけ早く歯科医院に相談しましょう。早期発見と早期治療が虫歯を悪化させないポイントです。

丁寧なカウンセリング後、治療を開始

当院ではまずしっかりと検査をすることを大切にしています。

現在患者様のお抱えのお悩みをしっかりと聞かせて頂いたうえで、症状の原因を調べる検査を行います。 検査を通じて判明した症状をご説明させていただき、最適な治療をご提案し、ご相談の上治療を開始いたします。

治療完了後はしっかりと再発を予防するために当院では定期検診をおすすめしています。 定期検診を受けていれば万が一再発したとしても症状が軽い状態で発見することが出来るため、治療もスムーズに済ませることが出来ます。

しっかりカウンセリング

歯を残すための治療

北浜にある当院では可能な限り自身の歯を残せるような治療法をおすすめしています。

例えば、中度~重度進行の虫歯や、根尖性歯周炎などで、根管治療と被せ物の治療で治療できない場合全国的には抜歯するケースがほとんどです。
ですが当院ではそのような場合でも歯根端切除や歯根延出といった治療法で対応できることが有ります。

この治療法は非常の高度な技術が必要となるため、全国的にも扱っている歯科医院は少ないです。当院の治療は、歯を残すためのあらゆる可能性を考え治療をご提案します。

歯を残す治療について

歯を残すための治療

虫歯ではないのに歯がしみる・歯が黒い

知覚過敏

知覚過敏

冷たいものや熱いものが歯にしみる・痛みを感じる時、虫歯ではない可能性もあります。
歯周病や加齢など歯茎の後退(歯茎の下がり)、過度の歯みがきなどで、歯の内側の象牙質が露出し、外からの刺激が歯の神経を刺激し、痛みを感じる場合があります。
これが知覚過敏です。
露出している部分を薬剤やコーティング剤で覆い、外からの刺激を遮断します。

色素沈着

色素沈着

歯が黒くなる原因は虫歯だけではありません
コーヒーやお茶、赤ワインなどの食品の色素が歯の表面に沈着している場合があります(ステイン)。 飲食物以外でタバコも黒くなる大きな原因です。

色素沈着は、虫歯ではないため、治療の必要はありませんが、見た目だけでは区別がつきません。 早めの受診をおすすめします。

色素沈着が気になる方
歯科医院のクリーニングやホワイトニングできれいにすることができます。

歯のホワイトニングについて

虫歯の治療方法

虫歯治療と聞くと多くの方が「歯を削る」「歯を抜く」というイメージをされるかと思います。
確かに虫歯の進行が進みすぎると抜歯するケースもあります。

しかし、軽度の虫歯(歯に穴があいていない状態)であればフッ素や歯ブラシ指導などで十分ケアできるケースもあります。 虫歯治療のポイントはしっかりと症状別に虫歯の進行度を分類し、それぞれのケースに見合った治療法を行うことが重要です。

北浜にある当院は総合歯科医院として、あらゆる虫歯治療法を高い技術をもって提供いたします。

虫歯の治療は詰める治療と被せる治療があります

虫歯の大きさによって詰め物や被せ物で治療を行います。

初期の虫歯:樹脂の詰め物で治療
C1(エナメル質う蝕)

歯の表面のエナメル質に虫歯ができ、小さな穴があいています。象牙質には達しておらず、痛みはありません。

治療方法:

虫歯の部分を取り除き、歯科用の白い樹脂(レジン)を詰めて治療します。
当日に治療ができます。

費用:

保険適用の治療

初期虫歯、樹脂で治療

中度の虫歯:詰め物で治療
(C2:象牙質う蝕)

歯の表面より内側にある象牙質まで虫歯が進んだ状態です。
虫歯菌が歯を溶かし、冷たいものや甘いものがしみたり、触ると痛みを感じます。

治療方法:

患部を削り、虫歯部分を取り除きます(麻酔を使用します)。
型取りを行い、技工所で詰め物を製作し装着します。
1〜2週間かかります。
使用する詰め物の材料によって耐久性や見た目が異なります。

費用:

保険適用の治療の場合は金属の材料を使用
※セラミックなどの材料の選択も可能(自費)

中度の虫歯、詰め物で治療

重度の虫歯:被せ物で治療
(C3:神経まで達したう蝕)(C4:残根状態)

虫歯が神経まで進んでしまったり(C3)、歯の根っこだけが残っている状態(C4)にまで虫歯が進行すると、何もしなくても激しい痛みがともないます。

治療方法:

治療できる歯の部分が残っている場合は「根管治療」を行い、治療後、型取りをして被せ物を装着します。

根管治療の流れ

費用:

保険適用の治療の場合は金属の材料を使用
※セラミックなどの材料の選択も可能(自費)

重度の虫歯、被せ物で治療

再び虫歯になりにくい
セラミックの詰め物・被せ物

二次虫歯

虫歯治療した歯は、詰め物や被せ物によって細菌が入り込まないように保護されています。
しかし金属やプラスチックの詰め物や被せ物は、時間により経過で劣化し、歯との接着が弱まり、歯とすき間が生じます。そのすき間に汚れや細菌が入り込み、一度治療した歯が再び、虫歯になる二次虫歯が起こります。

セラミックの材料は、詰め物や被せ物は汚れが付きにくいことや、歯との接着の相性が良いため、すき間が出来づらく治療の精度があがり、虫歯の再発を防ぎます
また色が白く見た目も美しく仕上がります。

根管治療

根管治療とは虫歯が歯の神経(歯髄)に達し、神経が細菌に感染してしまったため、神経を取り除き、その穴を封鎖する治療です。歯の内部の構造(歯根)は複雑で個人によって異なるので精密さが必要です。

歯根の中の細菌が極力ない状態になるまで繰り返すため治療の回数がかかります。途中で治療をやめると歯を失ってしまうこともあるため、根気よく治療を続けることが大切です。

虫歯と感染した神経の
除去・殺菌

神経まで進行してしまった虫歯を取り除いた後、根管の中にある感染した神経を数回にわたり除去し、痛みの原因を取り除きます。根の中に消毒の薬を入れ殺菌します。

根管治療 神経除去、根管殺菌
次のステップ

根管充填

神経をすべて取り除いた後、根充材(根の中を埋める薬)で根の中を封鎖します。

根管を薬剤で封鎖
次のステップ

土台を作る

歯の強度を保つために土台を作ります。土台には種類があります。

土台の構築
次のステップ

被せ物の装着と経過観察

被せ物をセットして治療終了になります。
保険適用であれば、銀色の被せ物になります。白い歯をご希望の方は自費治療となります。

被せ物を装着

歯を失った時

入れ歯

入れ歯

ブリッジ

ブリッジ

インプラント

インプラント

入れ歯

入れ歯には、部分入れ歯や総入れ歯があります。
失った歯の周辺に、残っている歯に留め金をかけて歯を補います。
取り外しが可能です。

ブリッジ

失った歯の両側の歯を削り土台を作ります。
その上に連結した被せ物を取り付け、失ったを補います。
取り外しはできません。

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に歯の根となるチタンを埋め込み、その上に人口の歯を固定します。周りの歯を削ったり装着する必要がありません。

それぞれの治療ごとに、メリットやデメリット、治療期間や費用が異なります。

虫歯の予防

虫歯ができる原因について

虫歯は「細菌」と「糖質」「歯の質」の3つの要素が関係しています。

歯垢の中の「細菌」は、食べ物に含まれている「糖質」から「酸」を作り出します。その酸が歯が溶かすため、磨き残しの歯垢と「糖質」が長時間あると、口内は「酸」にさらされ、虫歯になりやすい状況です。
また個人個人に異なりますが歯の質(エナメル質や象牙質)の状態で、虫歯になりやすい人もいます。
虫歯になる原因

虫歯を予防するには

ダラダラ食べていると常に糖質と歯垢がつき、虫歯になりやすい状態です。

虫歯の原因である「歯垢」と「糖質」を、
  • ダラダラと食べない
  • 糖分の多い食品は控えめにする
  • 食後の歯磨き
で、取り除くことができます。

しかし、過度の歯磨きやブラシの使い方が誤っている場合は、磨き残しや歯がすり減ったりします。
歯科医院で正しいブラッシングのアドバイスをうけながら日頃の食生活と歯科のケアで虫歯を予防が可能です。
虫歯の予防

本当に必要な治療を
選ぶために

歯の治療には実は多くの選択肢が存在します。
私たちは患者様自身で選択していただくために、ご説明と最適な治療の提案を大切にしています歯は一生使うものであり、全身の健康と大きくかかわっています

本当に必要な治療は何か、受けたい治療は何か、もし迷われたときはぜひ、北浜にある筒井歯科にご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら
Webでお問い合せ 24時間