最新設備のご紹介

CT

CTで発見しにくかった病巣を的確に把握。早期発見、診断ができます

CTとはComputed Tomograpyの略です。

通常、歯科医院で使用されているレントゲンが2次元撮影(平面撮影) であるのに対して、CTは3次元(立体的)で撮影可能なため今まで見えなかった部位に対しても非常に有効な情報が得られます。

安全確実なインプラント治療にはCTによる正確な審査、診断が必要です。

CTによる検査が出来ることにより、3次元画像で神経の位置、血管、骨量、骨密度を把握し、細部まで口腔内を確認し、診断することが可能になりました。

レントゲン撮影のみですと症例によっては歯科医の勘にたよる部分がありましたが、その心配がなくなり安心して手術を受けていただけます。

また、歯の根っこの病巣、歯周病、虫歯、顎関節の状態など今まで発見できなかった病巣が的確に把握でき早期発見、診断ができます。

マイクロスコープ

マイクロスコープを用いて視野を拡大

現代の医療において、眼科、耳鼻科、脳外科などではマイクロスコープを用いて視野を拡大する事は当然の様に行われています。

しかし日本では、その中でも精密さが要求される歯科医療においてはほとんど普及していないのが現状です。

アメリカでは大学院における専門医教育で、歯管治療においては外科手術用顕微鏡のトレ―ニングが必修となっていますが、日本では未だ教育課程にも上がっていません。

筒井歯科ではマイクロスコープの中でも最も信頼性の高いCarl Zeiss製を用いて口腔外科、審美治療、歯周再生治療、歯内療法、口腔内診査など、さまざまな分野に応用し質の高い治療で現実的な成果をあげています。

より精密、より確実。最新の顕微鏡歯科治療

マイクロスコープとは、医療用の顕微鏡のことで、最大24倍まで拡大して見ることができます。

口の中は、小さな歯がたくさん並ぶ暗いところです。 歯科医師は、経験と高い技術で治療を行っていますが、肉眼で見えるものには限界があります。 マイクロスコープを使うと、肉眼では見づらいところも拡大されて鮮明に見えるので、より正確、より精密、より安全な治療ができるのです。

今まで経験と勘に頼るしかなかった歯の根の治療も、マイクロスコープを使えば、ずっと奥まで見ることができ、正確な治療をすることができます。 むし歯の治療も、健康なところを傷つけずに、必要な部分だけを精密に削ることができます。 目で見える部分だけでなく、詰め物と歯の間に生じたわずかなすき間や、ごく小さなむし歯も見逃しません。

少しでも長くご自分の歯を保っていただくために、当院ではマイクロスコープを使用した、体に負担の少ない最新の治療を行っています。

セレックシステム

従来では1~2週間かかっていた詰め物・被せ物の治療を最短で75分で終えることができる最先端の治療方法です。患者様にとっては負担が少なく治療を受けていただける分、歯科医師にとっては技術が必要な治療法です。筒井歯科では5000症例以上の実績がございますので、安心して治療を受けていただけます。

北浜駅から徒歩1分。

医療法人悠生会
筒井歯科

〒541-0042
大阪府大阪市中央区今橋1-8-14
北浜山口ビル3階
診察時間
診察時間 日・祝
  9:30~14:00
15:00~19:00
△:土曜日午後の診療は15:00-18:00