Periodontal disease
歯周病治療の流れ

歯周病治療の目的

歯周病の治療は、歯と歯茎の間の汚れ(歯垢や歯石)を取り除き、歯茎の炎症を抑えることで、歯を支える骨が溶けていくのを止める治療です。 筒井歯科では初診時にまず歯周ポケットの測定を行い、歯石が付着している所や歯ぐきが腫れている箇所を十分に診断します。

歯周病治療の流れ

1.初診時
歯周病を検査する上で、欠かせない大切なチェックポイントである歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)の深さの測定を行い、結果とその後の治療についてご説明とご相談を致します。
初診時
2.歯石取り、歯ブラシ指導を行います
歯と歯茎の間や、歯と歯の間についた歯石を、専用の器具を用いて歯科衛生士が取り除きます。また、お口の状態に合わせて、正しい歯の磨き方をお伝えいたします。
歯石取り
3.2回目の歯周ポケット測定
改善が十分でない場合、次のステップに進みます。


4.深いポケット内の歯石除去を行います
期間を置いた後、歯周ポケットの測定を行い、病状が安定するまで、再治療を行います。


5.定期検診
改善した口腔内をお守りするために、1~3ヶ月ごとに歯周組織の安定のためのメンテナンスを行います。
定期検診
お電話でのご予約・お問い合わせはこちら
Webでお問い合せ 24時間